ディープスロート(イラマチオ)すると涎だらだら【シーツびしょびしょ】

一応俺はS男だと思う。
よくあるフェラチオよりはディープスロート(イラマチオ)の方が好き。
なので
「フェラ=舐める」
と言うよりは
「フェラ=咥えて舐める」
みたいな感覚がある。
もっとわかりやすく言うと
「フェラ=ディープスロート(イラマチオ)」
みたいな感覚。

髪はよく掴むよ。
髪掴んで上下に振るようにするのが好き・・・と言うよりは当たり前のような感覚。
そんでこの状態で女の子がペニス咥えてると確実に
「涎だらだら」
の状態になります。

口を閉じる機会がないからだと思う。
基本ほぼ咥えさせてるし。
それにMの女の子って咥えるとなかなかペニス離さない感覚もある笑。

やるとわかるんだけど女の子の口の下のベッドの部分がびしょびしょになります。
「ちょい濡れる」
ではなく
「びしょびしょ」
って感じ。
そんでセックス中は気が付かないのよ。
セックス終わった後に横になると
「つめてっ」
となる。
シーツが濡れてるの。
そんで時間が経過してるから冷たくなってるのね。

一応書いておくけど俺はシーツが唾液でびしょびしょになるのは気にしない男です。
もうちょい説明書くと冷たいシーツは嫌なのよ。
だから横になる時はセックスしてた場所でないベッドの上で横になる。
ただシーツがびしょびしょになるくらいフェラしてくれたことは嬉しく思うの。
ありきたりな言葉かもしんないけど俺の為にそうなった訳でしょ。
それはありがたいな、と思う。

最初気になるこもいると思うの。
ずっとフェラしてると涎が垂れてきてしまう。
顎を伝ってベッドに垂れていく。

なんか俺もスイッチみたいなのがあってセックス関連だと一気に気にしなくなる男なんです。
通常で考えれば
「汚い」
とか
「はしたない」
とかになると思う。
でもセックスの場だと
「当たり前」
「そうしてくれると嬉しい」
という考えになる。

それと俺は涎とか胃液とかイラマチオさせてる時に出てしまう鼻水とかは
「エロいな」
と思う男です。
むせてゲホゲホしてたり、えずいたり、長時間イラマチオするとなったりするんだけど
「鼻水出てきて口もペニスで塞がれて息が全く出来ない」
という風になったりする時ある。
俺の感覚なんだけどこれが
「フェラチオ」
みたいな感覚なのよ。
この言い方が1番ヤバいんであまり書きたくないんだけど
「普通」
と思ってる部分がある。

逆を言えばだけどMの女の子からすればやりやすいんじゃないかな、とも思うのね。
気にするこは気になる部分だと思うし。
俺は別に吐いてほいいと思ってるの。
実際少し吐いたこがいた。
口の中で止められたみたい。
「少し吐いちゃった」
と言われた。
そん時俺は
「全然いいよ」
と言った。
でも申し訳なさそうな顔してたから
「俺のせいでそうなったんでしょ、それは嬉しいぞ、ありがとう」
と言った。
その後
「一回ゆすいできな」
と言った。

ちゃんとゆすいだ後またフェラしてもらったよ。
髪掴んでグイグイ押し込んでね笑。
ちょい興奮もした。
吐いたことに対して。
ちょいややこしんだけど、吐いたものを見るなりするのは興味ない。
ただ
「俺が吐かせた、吐くまでやってくれた」
という心意気は俺の精神面が興奮した。

俺の感覚なんだけどSとMのセックスするうえで最低限の礼儀ってあると思うの。
この説明難しんだけど
「セックスの時はこういうのは仕方ない」
「Sだからと言って何言ってもいい訳でもないし、勝手に命令してもいけない」
という感覚のね。

これは相性だと思ってる。
身体の相性と言うよりは心の深い部分の相性。
時々書いてる
「相手の立場になって考える」
「思いやり」
とかの相性ね。
これは大事だと思ってる。

そんな事言いながらも髪掴んでぐいぐい押し込みながらイラマチオさせる男です笑。
涎だらだら垂らすのはこの出会いじゃおかしなことではないですよ。